花粉症の治療: 2007年12月アーカイブ

ティッシュを片時もはなせなくなる花粉症。
鼻水はでるし、くしゃみはでるし、目はかゆいしと花粉症は本当に辛いですよね。この辛さは花粉症になった人にしかわからないでしょう。
花粉症がなくなったら毎日が天国なのにと思っている人も多いのではないでしょうか。

花粉症の治療の1つに薬物療法があります。
薬物療法に使用する薬には抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、ステロイド薬などがあります。
抗アレルギー薬は花粉症の治療によく使われる薬で、副作用が少なく安全だといわれています。抗アレルギー薬は効果が出るまでに2週間ほどかかるため、少なくとも花粉が飛び始める2週間くらい前から飲み始める必要があります。抗アレルギー薬を前もって飲んでおくことで、花粉症の発症を押さえることが期待できます。また、例え発症しても症状が軽くなる傾向があります。抗アレルギー薬は花粉が飛ぶ前から飲み始め花粉が飛ばなくなるまで飲むことで花粉症の症状を軽減することができます。
抗アレルギー薬には内服薬以外に鼻みずや目のかゆみなどが辛いときに局所的に使う点鼻薬や点眼薬もあります。

抗ヒスタミン薬は鼻水や目のかゆみ、くしゃみなどのアレルギー症状を起こす化学物質ヒスタミンの働きを抑える効果があります。抗ヒスタミン薬は抗アレルギー薬と比べると速効性があるので予防ではなく症状が出ているときに使用します。
抗ヒスタミン薬は内服薬、点鼻薬、点眼薬などさまざまな種類があります。
抗ヒスタミン薬を使用すると頭がボーっとしたり、眠くなったり、口が乾いたり、体がだるくなったり、胃腸の具合が悪くなることがあります。そのため抗ヒスタミン薬を使用したときは車の運転、危険な作業は避けましょう。また前立腺肥大、心疾患・肝疾患、緑内障、ドライアイなどを患っている人は注意が必要です。使用の際は必ず医師に相談確認しましょう。

ステロイド薬は花粉症の症状がひどく抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬で症状が良くならない時に使用される薬です。ステロイド薬は非常によく効く薬ですが長い間使うと副作用が出やすい薬でもあるため、使用の際は十分に注意が必要です。副作用には胃腸障害、顔のむくみ、免疫力低下、感染症、骨粗鬆症や糖尿病の発症、消化性潰瘍、緑内障などがあります。

花粉症は国民病とも言われるほど広まり、多くの薬が販売されるようになりました。
つらい花粉症を軽くしたいという気持ちはよくわかります。しかし手当たり次第薬を飲むことは非常に危険です。薬は副作用があるということを忘れてはいけません。特にステロイド薬は副作用が出やすいので決して乱用してはいけません。花粉症の薬は医師の指示にしたがって使用するようにしましょう。

このアーカイブについて

このページには、2007年12月以降に書かれたブログ記事のうち花粉症の治療カテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブは花粉症の治療: 2008年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1